個性を受け入れる

植物を毎日観察していると、土が悪いのか、日当たりが悪いのか、水が少ないのか多いのかというように、植物がなにを求めているかがわかるようになります。

 

そして、人に社交的な人や人見知りな人がいるように、植物にもまた、寄せ植えがいいのか、孤立した鉢がいいのか、そういった性格の個性があることに気づきます。

 

植物にとっての個性は、どれがいいということはありません。

すべて素敵な個性です。

 

間違った場所に植えつけられると植物は成長しません。

だから植物は自生する場所を間違えないのです。

 

自分の強さに自信があり、どこでも生きていけるタンポポのような植物は、種を遠くまで飛ばします。

自分が大きいとわかっているカシワの木のような植物は、一か所の地区に根を張り、そこを占領するように、ドングリを比較的周辺に落とします。

 

植物は、自分たちが生きずらい場所で生きるようなことは決してしません。

 

しかし、人はそうではありません。

知らず知らずのうちに自分が生きずらい場所で生きている人がたくさんいます。

 

どんな個性にも、いい悪いということはありません。

ただ、その個性が生きられない環境があるだけです。

 

もし、今苦しんでいる人がいたら、環境を変える、それが一番有効な方法です。

しかし、なかなかそうもいかない事情もあります。

 

そんなときは少なくとも、自分の素晴らしさを信じ、自分の存在に自信を持ってください。

 

あなたは、だれがなんと言おうと素晴らしい。

 

その中で、環境を変えるための努力を少しずつしてください。

元気のない植物も、適切な場所に植え替えれば必ずまた生き生きとしてきます。